読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お取り寄せしてでも欲しい!?百鬼夜行の通販!

通販
物語だけでなく挿絵や装丁も楽しめる極上品です。またタイトルだけ発表されて久しい次回作の導入とおぼしき作品も収録されていますので!来たる日の到来を待つ意味でも読んでおいて損はないと思います。以前に発表された『百鬼夜行 陰』も同様の作品でしたが!作中にシリーズ主人公の中禅寺や!関口!榎木津といったお馴染みの登場人物が出演する作品があり!陰よりもはるかに読みやすい作品になっていると思います。

早速ご紹介!

2017年01月25日 ランキング上位商品↑

百鬼夜行百鬼夜行(陽) [ 京極夏彦 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

短編は通勤の合間で読めるのでいいです。13年は長かった〜『百鬼夜行 陰』から…待ちましたね〜(^-^;『姑獲鳥の夏』〜『邪魅の雫』までの京極堂シリーズの準主役さんや名(迷?)脇役さん達が登場。実は届いたばかりで未読ですが、間違いないので☆5つ^^;京極作品の中でこのシリーズは必ず買っています。文章も2段組から1段になったので読みやすくはなりましたが、その分ただでさえ厚い本の厚みが増したのが少々ネックかと。京極さんの作品はほとんど読んでいます。読みやすいけど高い…、でも文庫本になるまで待てません。本屋で見かけ,即,楽天ブックスで購入しました。京極センセは一流のおもてなしで読者を異形の世界・幽玄の世界に誘ってくれます。(その厚さについては、添付画像を参照してください)。過去の話の端役たちのお話でした。京極作品は90%以上読んでます。そして!最後の書き下ろし「目競」(めくらべ)で主役陣の一人!榎木津礼二郎の幼少期とその特殊な能力について語られるのも読者には嬉しいところでしょう。早く発売してほしいです。ますます最新作が読みたくなりました。百鬼夜行シリーズ本編に登場する脇役達のサイドストーリー集です。13年ぶり?? 待ちましたが書下ろしも読めて嬉しいです。久々の此方のシリーズ。ソフトカバーも単行本と同価格なんですね。「こんな人、居たか?」と登場人物を忘れていることも多く、何度か本編を読み返してみたりしました。以前より段落構成は読みやすいです。とても読みやすい。京極堂シリーズを既読の方にはそれが更に奥行きを増し、未読の方には短編集としても楽しめ、更には京極堂シリーズへの興味が引き立てられるやもしれません。文節や文章がページをまたがぬよう、目が疲れぬよう編集してくれています。もはや!どの作品なのかは思い出せませんでしたが。既に忘れていた登場人物も居り!何冊か読み返しました(^^ゞ次回作(?)の登場人物もいるようで!期待感が増します。今回は刊行前のシリーズ最新作『鵺の碑』(ぬえのいしぶみ)に関連するエピソードも先に収録されています。京極さんのこのシリーズ久しぶりですね。『陰』もついでにリニューアル…というのが引っ掛かりますが、新刊が出たのは嬉しいです。京極夏彦の『百鬼夜行』シリーズのサイドストーリー的な短編10編で構成されています。